スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッグの被り方

おはようございます。

医療用ウィッグ専門店プレジールのたけです


ウィッグの豆知識として

今日はウィッグのかぶり方について

書いてみたいと思います。




ウィッグは上手に被ると

自毛かウィッグか区別がつかない位

自然な状態になりますが

被り方がうまくいっていないと

どんな高級なウィッグでも

外出出来ない位のレベルになってしまいます




ウィッグの被り方って

それくらい重要なんです


では、上手に被るコツとは・・・


ウィッグを被る時の注意点は

前→横→後ろの順に

位置合わせをします


特に重要なのが

最初に合わせる前の位置



もちろん個人差もありますが

額に指4本程度を基準に

位置合わせしてみましょう


これだけで随分と

ウィッグが馴染むはず・・です
(´ω`*)

ちなみに横と後ろの位置は

前を基準に合わせると良いです。


是非試してみてください。


( ´∀`)
スポンサーサイト

医療用ウィッグについて

おはようございます。

朝から寝不足&遅刻でバタバタしながら

ブログ更新中のたけです。



夏が終わり朝が冷え込む中

私が起きる時間も日々下がってきました・・・

やっぱ冬の布団の中は居心地いいもので・・
(つ∀-)


さて、今日も引き続きかつらの被り方について・・

と思ってましたが、医療用のウィッグと

オシャレウィッグとの違いについてを

書いてみることにしました

ホント気まぐれで申し訳ないです
m(_ _)m


医療用のウィッグというのは

ファッションで使用するウィッグと比較して

かなり高価な商品です

ではどんな違いがあるのかと言うと・・


この違いってメーカーによって差は有りありますが

プレジールで言わせてもらえば

 人毛の種類がおしゃれ用より高級
 ネット部分の材質を頭皮ケアに配慮
 ウィッグの通気性が良い
 ウィッグの重さが軽い
 内側に滑り止め付き
 総手植えの為ウィッグが全体的に自然
などなど・・・

挙げてみると多々あります

実際医療用ウィッグという項目に対して

こうでなければいけないという決まりごとはなく

作りの違いはメーカーごとに様々です



先ほどの相違点はプレジールウィッグを

ベースに書き出してみました

これからもプレジールウィッグは

お客様に喜ばれる商品作りを

全力で頑張っていきたいと思います。

これからもプレジールウィッグを
宜しくお願いします
m(   )m







ウィッグの被り方

おはようございます。

とあるウィッグ屋で日夜頑張ってます

まだまだ風邪気味のたけです。
(´_`illi)


今日はウィッグの被り方について

簡単に説明してみたいと思います。



ウィッグの被り方

簡単そうでこれは少しのミスで

全くウィッグ自体が

似合わない状態になってしまいます



まず、医療用のウィッグですが

医療用のウィッグを被る方は

抗がん剤を使用している方が大半です


抗がん剤の副作用として

脱毛があるわけですが

この脱毛の状態によって

頭部のサイズそのものが変化します
 ※個人差はありますが、
  約1センチ程度の誤差になります。


脱毛の初期段階でのウィッグは

毛髪が残っている事が前提ですので

ウィッグ自体はピンで固定します


自毛をネットで束ねておいて

ウィッグを装着することになりますが、

ウィッグは基本的に前から合わせてください。


これも個人差はありますが

一般的には額に指4本程度入るぐらいが

ちょうど良いでしょう。



前の位置を決めてしまえば

あとは苦労なく被れます



被ったウィッグはピンを使用して

しっかりと固定しておきましょう。



う~ん、
長くなりそうなので
分けて書かせていただきます
(*_ _)

続きはまた明日にでも・・・
















 

かつらの歴史について

おはようございます。

朝がだんだんと冷え込む中

またしても風邪気味のたけです

(;´・д・)



今日はウィッグ屋さんらしく

ウィッグ=かつらの豆知識について

簡単に書いてみようと思います。




かつらの歴史って言っても

存在自体は実はものすごく昔から

かつらは存在していました



はるか昔は高級貴族が

品位を示すためのアイテムであったり・・・




僕自身の中のイメージでいうかつらの歴史は

・・・・

かのドリフターズでやってたような

お笑いのアイテムのイメージでしょうか

( ´∀`)


かつらって言うと

男性のハゲ隠しがまず

頭に浮かんでしまいます



女性用のアイテムとして

ウィッグが全般にでてきたのは

90年代からのイメージです


ちなみに私たちプレジールは

当然女性用のウィッグ屋さんです
o^-^o)



今後はきっとこのかつら=ウィッグは

もっともっとオシャレ用のアイテムとして

世に出ていくものだと

・・・・

思ってます
 +(*´∀`)


プレジールでも

もっともっとウィッグの存在意義を

高めていけるように頑張ります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。